新着ニュース

株式会社スタイルズ(東京都千代田区)は、2016年5月31日、「だれでも作れる だれでも使える IoT/GPSトラッキングプラットフォーム Trackrr.io」のサービスを発表しました。
「Trackrr.io」は、SORACOM Air(株式会社ソラコム 本社:東京都世田谷区)などのIot用通信サービスを使って、法人・個人を問わず、公共用バスや長距離バスやトラックなどの移動体を、スマートフォンなどの安価なIoT/GPSデバイスで、位置情報やさまざまな付加情報とともにトラッキングし、その結果を、グループ内でだけで閲覧(シークレットモード)、または、誰からでも閲覧可能なように公開(パブリックモード)できるIoT/GPSトラッキングプラットフォームです。

Trackrr.ioとは

Trackrr.ioは、SORACOM Air(株式会社ソラコム)などのIot用通信サービスを使って、法人・個人を問わず、公共用バスや長距離バスやトラックなどの移動体を、スマートフォンなどの安価なIoTデバイスで、位置情報やさまざまな付加情報とともにトラッキングし、その結果を、グループ内でだけで閲覧(シークレットモード)、または、誰からでも閲覧可能なように公開(パブリックモード)できるIot/GPSトラッキングプラットフォームです。

Trackrr.ioの構成

1)Trackrr Device SDK
スマートフォンなどのIoT用デバイス上で、トラッキングをおこなうためのアプリケーションを開発するためのSDK
2)Trackrr Service API
トラッキングされた結果をプラットフォームから取得するためのAPI
3)Trackrr Management Console
デバイスの登録や管理などを行う管理画面から構成されています。

コンセプト

Trackrr.ioの特徴

1)自由な情報を記録可能
トラッキング時にプラットフォーム上に記録する情報は、位置や時刻情報など定型情報の他は、Jsonフォーマットであれば、利用者が自由に指定することができます。
2)各種デバイス用SDK
デバイス用のSDK(Trackrr Device SDK)は、現在、Androidスマートフォン用のみですが、今後、順次さまざまなタイプのデバイス用に追加される予定です。
3)SORACOM Airを推奨
Trackrr.ioプラットフォームは、SORACOM Air(株式会社ソラコム 本社:東京都世田谷区)の使用を標準的に推奨しています。SORACOM Air(以下、Air)は、IoT向けのデータ通信SIM “Air SIM” を提供するサービスです。SORACOM Airは低コストの固定料金と従量課金との組み合わせで提供されているため、IoTでの利用が低コストで実現できます。

ユースケース

公共バスの運用情報提供サービスや乗り合い交通機関サービス

地方の公共バスや各種乗り合い交通機関のナビゲーションサービス・ロケーションサービスなどのサービス基盤として、Trackrr.ioをご利用頂けます。格安スマートフォンとSRACOM Airを利用すれば、車両一台あたりの初期投資は数千円、システム維持のための通信費や月あたり千円以内です。予算が潤沢でない過疎地域の公共バス・交通機関でも十分投資できる金額です。

地域住民のための除雪車情報の公開

各除雪車両にスマートフォンを搭載して、リアルタイムの位置と運行状況をトラッキングできます。蓄積された最新の運行データを取得することで、車両の位置情報や運行状況をリアルタイムに複数台の車両を確認することができます。その情報を地域住民にスマートフォンサイトで公開することで、例えば、外出の予定がある場合、これから通る道に除雪車両が運行したかどうか表示する等が考えられます。

長距離バスのための運転情報の公開

深夜バスやスキーバスなど、長距離運行バスにスマートフォンを搭載して、リアルタイムの位置や運行状況をトラッキングできます。バス運行会社がバス運行の安全状況を管理するのに利用できます。 また、昨今の事故等の状況を考えると、乗客の家族の不安を解消するためのサービスとして、今どこにいて、正常に運行していますよといった情報公開することも考えられます。さらに、スマートフォンのセンサーやカメラなどを有効活用することで、運転手の健康状態なども監視することも考えられます。

お迎えバス等の運行状況サービス

幼稚園のお迎えバスやスクールバスにカメラ付きのスマートフォンを搭載することで、園児の自宅の近くまで、バスが近づいていることをお知らせするサービスを提供できます。スマートフォンに搭載されているカメラや顔認識 を活用すれば、特定の子供さんが乗車しているかどうかといった高度なサービスが提供することも考えられます。

ご利用料金

当面の料金プランについて

Trackrr.ioの料金は、2016年秋頃に予定しております正式リリースまでは、無償提供を予定しております。正式リリース後の料金体系につきましては、その時点のご利用ユーザ様に対するヒアリングの上で、決定していきたいと思います。

地域の公共バスや乗り合い交通機関等について

Trackrr.ioは、地域のの公共バス等のサービス向上による存続について、応援をしていきたいと考えています。そのため、ご申請を頂ければ、永続的に無償でご利用いただけるように考えております。

アーキテクチャー

開発チーム

Trackrr.ioは株式会社スタイルズのクラウドネイティブ開発ブランド CloudShift のメンバーによって開発されています。

クラウドシフト